JOOMO(ジョーモ) 効果的な使い方

JOOMO(ジョーモ)の効果的な使い方どうしたらいい?

JOOMO(ジョーモ)の効果的な使い方は?

JOOMO(ジョーモ)を試してみようと思っていても効果的な使い方がわからないという方も多いですよね。JOOMO(ジョーモ)をせっかく使うのなら効果的な使い方で使いたいものです。JOOMO(ジョーモ)の効果的な使い方について調べてみました。

 

JOOMO(ジョーモ)を使うタイミングについて

JOOMO(ジョーモ)はいつつけると効果的なのでしょうか?つけるタイミングについてお調べしました。

 

JOOMO(ジョーモ)は、お風呂で使うのが一番のおすすめです。お風呂に入ると、身体が温まり、毛穴が開きます。そうすると、毛穴の奥までJOOMO(ジョーモ)が行き渡りやすくなって、根元から除毛をすることができます。

 

お風呂だと、除毛後に、シャワーを使ってすぐにサッと流せますので、とても楽なのでおすすめです。

JOOMO(ジョーモ)の効果的な使い方について

JOOMO(ジョーモ)の効果的な使い方についてご紹介しましょう。

 

JOOMO(ジョーモ)は、たったの3ステップで除毛することができて、使い方はとても簡単です。

 

まず、1つ目は、清潔で乾燥した状態のお肌で、除毛したい部分にJOOMO(ジョーモ)を吹きかけます。だいたい1ミリから3ミリの厚さになるように吹きかけましょう。そして、5分から10分間放置しましょう。

 

2つ目は、ティッシュで、少しだけ拭き取ってみて、毛が少しチリチリとした状態になっていたら、丁寧に全体を拭き取りましょう。

 

このときに、まだ毛がチリチリになっていなかったら、2分から3分、もう少し放置して様子を見ましょう。

 

拭き取るのが面倒な場合は、シャワーで洗い流してもいいのですが、拭き取った方が楽に流せますのでおすすめです。

 

3つ目は、シャワーで流して洗いましょう。シャワーで流した後に、弱酸性の石鹸できれいに洗い流しましょう。

 

この3ステップでOKなので、とても簡単ですよね。

注意するポイント

JOOMO(ジョーモ)を安全で効果的に使用するために注意したいポイントをご紹介しましょう。

 

まず、JOOMO(ジョーモ)を使用する前には、アルカリ性の石鹸を使わないようにしましょう。それによって、化学反応を起こして、肌が荒れてしまう場合があります。使用後もアルカリ性ではなく、弱酸性の石鹸を使うようにしてください。

 

また、肌荒れをしている時には使用するのを中止しましょう。お肌にかゆみやかぶれがあると、刺激になり、お肌を悪化させてしまいます。肌荒れしているときには避けましょう。

 

他の製品と混ぜて使用しないようにしましょう。ドラッグストアで買ったものや、エステ、病院などでもらったものを混ぜるのもダメです。

 

乾いた清潔なお肌に使いましょう。余分な皮脂がお肌に残っていると、除毛がきれいにできません。清潔な状態で使用しましょう。タオルドライをして、お肌を乾かしてから使いましょう。

 

除毛し終わって、きれいに洗った後は、タオルでしっかりと拭き取って、水分を取ってあげましょう。そして、しっかりと保湿をしましょう。ボディローションやボディミルクをたっぷりと塗って保湿をしましょう。

 

>>JOOMO(ジョーモ)の最安値はこちら